国内シェアも拡大中のスバルで期間工として働こう。

ABOUT WORK

スバルの期間工の特徴とは

スバルの期間工に就くと、プレスや溶接、車体組み立てや塗装といったスバル車製造ラインの殆どの工程を任されます。特にスバルの代名詞と呼ばれるエンジン・トランスミッションを製造する作業は、いわばスバル車の心臓部を作り出す作業と言っても過言ではありません。微妙なズレをも許されない金属材料からの削り出し作業は、細やかな技術が必要とされます。こういった集中力も緻密な作業も、期間工を辞めた後の仕事においても大いに役立てるでしょう。個室の寮完備で、寮費は無料です。食事代の補助もあり、社会保険も完備されているので安心して貯金する事に専念出来ます。また、スバルでは期間工からの正社員登用も行っていますので、期間工を通じて仕事にやりがいが感じられたのならば、頑張って経験を積み重ねて正社員を目指して下さい。

スバルの期間工の給料について

スバル期間工の日給は9千円代から始まり、その後6か月と12か月後に行う契約更新により日給が数百円単位で上がっていきます。手当金を含めると月に手取りで大体28万円前後が入るイメージです。手当は時間外手当と深夜手当、また食事手当といった好待遇に加え、寮生活をするならば、寮費に加えて水道や光熱費といった生活費の殆どが無料ですので、しっかり貯金しようと思えば、たった4か月間でも100万円近く貯めたという人もいるほどです。更に内定時における内定祝い金や期間満了者には慰労金が、また皆勤手当てもありで保障も充実しています。年末年始や夏季休業前後に出勤した人に対して支給される正月手当や夏季手当等の細かな給付も嬉しいポイントです。

スバルの期間工の面接で受かるには?

期間工の求人は、派遣会社やアウトソーシングを仲介して行う人が多いようです。こういった企業を通して面接を行う事は、メーカーにとっても、また受ける側にとってもメリットがあります。まずメーカーにとっては仲介会社の介在を受ける事で社会適性のある人物かどうかを振り分ける事がより簡単になります。また受ける側も仲介会社を通している事で信用がつきやすくなったり、仲介会社からアドバイスを貰える事で受かりやすくなるというメリットもあります。スバルの求人に限らず、面接では過去の職歴を履歴書の提出と共に見られます。前職との空白期間が長ければ、何をしていたのかという事はどうしても聞かれてしまいます。空白期間が生じてしまうのは仕方のない事ですが、やはりあまりにも期間が長い場合、人間性まで疑われかねません。工場での勤務は辛く、持続力も集中力も必要ですので、根気や努力が足りない人なのかという印象を与えかねませんので、空白期間については仕事以外に何か頑張っていた事、例えば家の仕事の手伝いや資格取得に励んでいたといった、嘘の無いレベルの内容を用意しておくといいでしょう。