求人でも人気の高い期間工のパーツ担当はおすすめな仕事かも!?

意外!期間工は楽な作業も多い?

期間工のイメージと言えば肉体労働、油や汗にまみれる、騒がしい場所で立ちっぱなしの仕事、というイメージが強いですよね。いくら給料が良くても、このマイナスイメージの為に期間工職の求人は中々人気が伸びないのかもしれません。けれど、期間工を経た人の中には、想像していた以上に楽な担当に振り当てられ、この職務に好きになったという人も多いのです。期間工の仕事は車体組み立てがメインだと思われがちですが、組み立てを担当するのは一部だけ。ではあまり体力を使わない担当はどんな仕事内容なのでしょうか。例えば、点検作業や塗装、部材を各担当に届けるチーム等もあります。また自動車本体ではなく、内部の部品を組み立てるパーツ担当といった仕事もあります。これは体全体を動かすというより、むしろ緻密な手作業を要求されますので、手先が器用な人や集中力が続く人におすすめの作業です。

車体に鮮やかな色を!塗装のお仕事って?

自動車メーカーのイメージカラーってありませんか?例えばマツダは赤の車体でスバルは青、といったように、自動車の流れるようなボディラインに色を施す塗装担当の仕事は、他の作業より肉体労働という基準に照らし合わせて考えると比較的に楽な工程だと思います。ただそうは言っても、多少はパーツを運ぶ作業があったり、塗装段階においてもしゃがんだり立ったりを繰り返す、体を動かす作業ではあります。また作業初期には色のムラが出てしまったり、キレイに塗装出来ない事が殆どです。鮮やかな塗装を施すには、回数を重ねて技術を向上させていく必要があります。購入者に直接見られるので、慎重な作業が必要とされます。けれど一定の技術を身につけ、キレイな塗装が出来るようになればその感慨もひとしおです。メーカーのイメージが自分の手で完成したのだと思えば感動しませんか?シンナーによる健康侵害が気になるという人もいると思いますが、大手のメーカーならば健康診断も重ねて実施されますし、安全面はしっかりと考慮されているので安心して下さい。

パーツ担当や点検作業は一番楽?

点検作業の担当は文字通り、流れてくるパーツや車体の点検をします。点検作業で最も重要な事は集中力。一日中流れてくる部品を見ながら不良品を選り分ける作業は、中々に根気が要る作業です。パーツ担当や点検作業は主に手先を動かす仕事ですので、直接的な体力面が消費されるという事は殆どありませんし、そういった意味では確かに楽な仕事内容だといえるでしょう。では、点検作業やパーツ担当になれば一番良いのかと言われれば、そこは一長一短であり、必ずしも他の肉体労働を要求される担当よりも条件が良いというわけではありません。例えば肉体的に疲れる担当では精神面ではそこまで辛くなかったりしますが、点検やパーツ担当といった細かな作業はチームの人とコミュニケーションを取れているかが大事になってくるように思います。パーツ担当は精神面による作用が大きいのです。どの担当が楽かという問題は要はその人の性格との相性なのでしょうが、どの担当になっても努力し、技術を向上させれば仕事にもやりがいを感じられるようになります。どの担当になっても前向きな姿勢を心掛けて下さい。
期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入