日勤だけの期間工求人の状況とおすすめの働き方

HOW TO WORK PART1

日勤だけの期間工求人はあるのか

働くならば陽が出ている内に働いて、夜になれば眠りたい。そう思っている人は少なくない筈です。ただ期間工ともなると、日勤と夜勤の交代制勤務を採用しているところが多く、中々日勤だけとはいかないようです。けれど求人サイトの中には日勤だけの募集が掲載されている場合もありますし、また、日勤や夜勤と書けば昼から夜まで、そして夜から朝までと思われがちですが、最近ではその時間体制にも変化が生じてきています。例えば朝から始業して夕方までのシフトと、夕方から始業して夜中の0時まで勤務というように、夜中中工場が稼働しているというシフトが無いケースも増えてきています。これは、極端な時間差の交代を続けていると、従業員の身体のバランスが崩れ、業務中の事故に繋がる事を懸念している為だと思われます。夜勤明けで不眠が続くと精神バランスも崩れてしまいますので、長期的にみるとデメリットの比重が大きくなるということでしょう。

シフト時間以外にも働きやすくなった期間工

期間工になれば夜中でも働かなくてはならない、と思われているかもしれませんが、それはひと昔前の話です。最近では特に従業員が働きやすい時間体制を採用している会社も増えているので、働く前に事前にチェックする事をおすすめします。どうしても夕方以降には働く気になれないという人には、日勤の工場勤務や期間工に特化した求人サイトもあります。アウトソーシングのサイトが情報量も多くおすすめですが、その他からも出ている求人サイトで、日勤で条件を設定し絞り込めば、日勤中心の仕事情報が得られます。ただ最近では上記に記載した通り、時間体制がなるべく夜中に稼働しなくてもいいような変更も加えられているので、夜勤であるからといってもそこまで構える必要はないように思います。夜勤は手当も付くところが殆どですし、日勤でも残業すれば残業代がしっかりとつきます。交代勤務制で気になるのは、集中力が欠けて事故に繋がる事ですが、メーカーは事前に研修を行っている場合が殆どですので、期間工は危ない職業という概念も最近では払拭されているように感じます。

日勤と夜勤のバランスを取るのが大事

日勤のみの期間工求人を探すのは中々に難しいですが、例えばマツダの求人で日勤のみの募集は過去にもかかっているようです。正社員登用をしている会社の期間工求人は、日勤のみの採用が多いのではないかというイメージがあります。しかし自動車工場は通常二交代制が多いのが現実です。これは端的に言うと、自動車工場は他の工場よりも敷地が広い事、また生産数にも限りがある為、交代制で稼働しなくては元を取れないのです。日勤と夜勤を繰り返す勤務は、精神的にも負担が掛かりますが、期間工として働くには交代勤務制に慣れていくしかありません。夜勤明けは中々眠れないという従業員の意見が多く聞かれますが、休日は上手く体内時間を調整して、日勤と夜勤のバランスを取りましょう。最初の内はまだ慣れない事も多いですが、休日を挟んで生活リズムを安定させる方法に次第に慣れてきます。
期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入