期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工の仕事でメーカーにより差異はあるのか比較しました

COLUMN

メーカー毎に期間工の募集内容は変わります。

期間工として就職する人の理由は様々です。お金を貯めたい、期間工員から正社員になりたい、アルバイトの延長等々。よって人それぞれに期間工職とは良い面も悪い面も持ち合わせているという事になります。ネット上ではどのメーカーが良い悪いといった意見がありますが、結局はその人の価値観に合っていたかどうかでメーカーの評価に繋がっているのだと思います。実際給料や手当等に具体的な差はそこまで無いように感じます。しかしメーカー毎によって趣に若干の違いは存在すると思います。正社員登用なのか、給料が多いのか、そのメーカーの注力ポイントによって違いが生じるわけです。

期間工求人の中でもホンダはおすすめ

給料の良さには大きな違いはありません。どのメーカーも大体同じぐらいの金額を貰えますし、手当や内定祝い金も他の企業と比べて飛びぬけて良いというところは無いように思います。月々20万後半代の給料額であることが殆どです。しかし中でもホンダの給料額はトヨタや日産、マツダといった他の企業に比べると少し優位かと思われます。大抵の企業では経験者が優遇されるのですが、ホンダに関していえば未経験者であっても他のメーカーで経験者に出す額程の給料を出しているんですね。お金を貯めたいけれどまだ未経験だから不安だ、という人にはホンダがおすすめかも知れません。しかし何回も書くように、ホンダの給料がずば抜けて良いというわけでも、また期間工としての仕事が楽であるというわけでもありません。手当や残業次第でお金を貯めようと思えばどのメーカーであっても貯めやすい環境に配慮されていると思います。
リンク:HONDA 期間従業員採用サイト

正社員になりたいならアイシンAWへ

期間工求人を通して正社員になることが目的ならば、アイシンAWがオススメです。 正社員になれるのが数人だったり、そもそも正社員雇用制度がない企業が多いです。 アイシンAWでは年ごとに変動しますが、去年は600人以上のの正社員雇用が行われたこともあり、正社員への雇用を目指している人たちにとって人気の雇用先になっています。大手自動車メーカーは自社ブランドの売れ行きが雇用に直接影響しますが、アイシンAWは国内外の様々なメーカーに部品を供給している会社です。安定した経営が出来る事が正社員雇用に積極的になれる背景です。
リンク:期間従業員採用情報|アイシン・エィ・ダブリュ株式会社

メーカーによって仕事の辛さは変わるのか

メーカーによって仕事に楽・苦楽の差はあるのでしょうか。これも一言で言ってしまえばどのメーカーも殆ど仕事内容もしんどさも、同じようなものであると思います。体力的な面に関してもそうですが、仕事においては対人関係も気になるところです。チームでイヤな先輩や同僚がいれば数か月間、精神的にもしんどいです。しかしどこに配属され、どんな人と一緒のチームになるのかといった事までは事前に分かりません。どんなに良い口コミをしていても、それはその人の配属がその人に合っていたというだけでしょう。アドバイスとして挙げたい事は、仕事や対人関係のしんどさが嫌になったとしても、出来る限り期間満了まで働くべきであるという事です。期間満了者には慰労金や報奨金といった手当が付くのはどこのメーカーも変わりありません。当初の求人欄に書かれている金額に嘘はないので、多少辛くても頑張って期間満了することをおすすめします。

どうしても不安な人には日産の期間工がおすすめ

とはいえ、どうしてもいろいろなことに不安になってしまう人もいるでしょう。 そういう人には日産の期間工へ応募することをお勧めします。 他のメーカーと比べて、日産は残業が少なめです。 初めての環境に不安な人には、イレギュラーが少ない環境がのぞましいです。 環境・給与も文句なしなのですが、唯一の欠点は正社員雇用に消極的な点です。 正社員雇用そのものは行っているのですが、具体的な雇用人数を明かさないことからその実情がうかがえます。 あくまでお金を稼ぐ目的で働くのならば問題はありません。
リンク:NISSAN MOTOR CORPORATION - 期間従業員採用