期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工には入社祝い金がある?祝い金で期間工の準備を

COLUMN

期間工の入社祝い金の相場は?

お金と家の木箱派遣会社を通して期間工として働くことが決まると、入社祝い金がもらえます。入社祝い金は派遣会社から支給されますが、実際は働く企業からもらえるお金ということになっています。入社祝い金の相場は、各社5万円から10万円が相場となっていますが、中には15万、20万円という高額の入社祝い金を支給する会社もあります。

期間工だけでなく、人材派遣会社や求人情報サイトから就職先を探した方への入社祝い金というのはそれほど珍しいことではありません。しかし、一般の仕事では祝い金の金額は数千円から高くても1万円以下が相場となっています。期間工の祝い金の相場は、群を抜いて高いと言えるでしょう。

しかし、派遣会社を通してもらえる祝い金は入社祝い金だけではありません。選考会に参加したことによる「選考会参加費」や内定が決まったことによる「内定祝い金」など、企業によって祝い金の種類はさまざまです。これらの祝い金を総合すると、最終的に入社が決まったことでもらえる祝い金は10万から20万円程度になります。

一般的に、入社祝い金は大手自動車などのメーカーは高額な会社が多く、30~40万円の祝い金をもらえるケースもあります。入社が決まるだけでこれだけの金額をもらえるなら、派遣会社を通して期間工として働くのも魅力的と考える若者も増えています。期間工の仕事は入れ替わりが激しい業界なので、企業としては高額な入社祝い金を支払っても、期間工の仕事に興味を持って入社してくれる人が増えた方がメリットは大きいです。

入社祝い金は期間限定の場合もある

期間工の入社祝い金は、常に一定の金額というわけではありません。時期によっては金額の変動があるのが一般的です。つまり、入社祝い金の金額は期間限定なのです。そのため、金額がアップすることもあれば、ある日突然祝い金が無くなる可能性もあるのです。つまり、入社祝い金の条件がいい企業を見つけたら、できるだけ早いうちに申し込んだ方がいいのです。

そもそも、企業が入社祝い金を出すのはなぜでしょうか。やはり、それだけ期間工の人材を多く確保したいというのが第一にあります。特に、景気が良くなってくると職業の選択肢も増え、高待遇の仕事が増えてくるため、それに合わせて期間工の待遇のアップする傾向にあります。入社祝い金の金額が高いということは、それだけ期間工が求められている時期ということです。

また、最近では期間工を派遣する派遣会社が増えてきたのも、入社祝い金が高騰している理由の一つです。競合の派遣会社が増えたため、派遣会社各社で価格競争が始まっています。その一環として、入社祝い金の金額が上昇傾向にあるのです。しかし、このような状況はいつ終わるかというのは誰にもわかりません。実際に、月が変わったらそれまであった祝い金が無くなってしまったというケースもあります。今提示されている祝い金の金額は期間限定と考えて、自分が納得できる条件が出ているうちに期間工として入社して祝い金をゲットするのが賢い方法でしょう。期間工は今非常に売り手市場となっています。条件がいいうちに、入社祝い金の制度をしましょう。

ちなみに入社祝い金は誰でももらえるわけではなく、条件があります。派遣会社によって多少異なりますが、その派遣会社を初めて利用して派遣工となる方に支給されるケースがほとんどです。もしくは、2年11カ月の期間を満了した後、再度期間工として入社するケースです。このような条件があるのは、入社祝い金目当てで何度も短期間で入社を繰り返されては企業としてもメリットがないからです。

期間工になる準備を入社祝い金で補おう

引っ越しの風景これから期間工として働くにあたり、住むところは会社から支給されるとはいえ、色々と準備が必要です。期間工の入社祝い金には、生活準備金や支度金的な意味合いもあり、入社前に必要な準備を入社祝い金で補うことができます。期間工を採用する企業や人材派遣会社は、領収書があれば交通費を支給してくれることがほとんどです。そのため、入社祝い金を準備につかう方は、やはり身の回りのものを揃えたいという方が多いです。特に地方から引っ越しを考えている方で、現地で生活必需品を揃えたいという方にとっては非常に助かる制度です。

ただし、入社祝い金を全額入社前にもらえるかというと、企業によってもらえる時期は違うようです。入社祝い金の1~2割程度が生活準備金として支給され、入社祝い金自体は入社から3か月から6カ月ほどの契約期間が終わってから支給されるというケースが一般的です。もちろんこれは、入社祝い金を全額事前に支給して入社直後に退職されるケースを防ぐためです。

そのため、期間工になる準備を補える入社祝い金は、身の回りの日用品やちょっとした家電を揃える程度の金額と考えておくのがいいでしょう。高額の入社祝い金に惹かれて入社を決めても、実際に入社祝い金が全額支給されるのは入社後になる可能性が高く、ある程度は自己資金を用意しておくことも大切です。