期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工の仕事のやる気はどこからくる?モチベーションの上げ方

COLUMN

1日のモチベーションの保ち方

作業着を着たやる気のある男性期間工の仕事は、日勤と夕勤に分かれますが、基本的には仕事内容は変わりません。不規則な生活を送る期間工は、モチベーションをうまく保つ事が、ストレスなく契約期間を満了するために重要となってきます。期間工は、大体休憩時間を含むと1日8時間前後の勤務時間です。極端に長いわけではないのですが、同じ作業にずっと携わるため、最初のうちは果てしなく勤務時間が長く感じると思います。

1日のモチベーションを上手く保つには、まず1日の中で細かく目標を区切って、そこまでの時間を集中するという方法があります。期間工の休憩時間は、1日の内まとめて休憩時間を取るのではなく、2時間の勤務が終わったら10分、昼に45分、その後2時間勤務して10分というように、短いスパンで休憩が入ることが多いです。これをモチベーション維持に役立てましょう。たとえば、2時間終わった後の休憩時間に何か自分にご褒美を用意しておいたり、昼休憩の前なら、その日のランチを目標にしたりするのはモチベーションを高める良い材料になります。喫煙者であれば、休憩時間の一服を目標にがんばるというのもやる気に繋がるでしょう。業務終了時間が近付いてくれば、最後の休憩時間に帰ってから何をするかを考えておくのもモチベーションアップにつながります。何も目標がないと、ただ果てしなく長い勤務時間を過ごすことになりますが、小さな目標を時間の区切りごとにいくつも立てておくと、意外と早く1日の時間が過ぎていくものです。

小さな目標ではどうしてもやる気が出なくて辛くなってしまったときは、休日の予定や、契約満了後の楽しみを考えるとモチベーションを高める助けになります。たとえば、今週頑張ったら土日の休日に外出して美味しいものを食べよう、平日は疲れてなかなかできないゲームを思いっきりやろうなど、ご褒美が大きければ大きいほど、やる気にも繋がります。もっと長いスパンで考えるなら、やはり契約満了後の事を考えるのが一番です。今の契約を頑張り抜けば、満了報奨金ももらえて貯金もたまって自分の好きなことができると思えば、多少のつらさも耐えることができるでしょう。期間工の仕事は、業務内容に慣れるよりもモチベーションを一定に保ち続けて契約を満了する方が難しいと言われています。自分なりに目標を立てながら、やる気を継続させていきましょう。

期間工のやる気はどこから来ているのか

期間工の仕事をしている方の多くは、目標を持って期間工の仕事を選んでいます。目標は人それぞれですが、自分の目標を持っている人は、やる気も非常に高い傾向があります。期間工になる人の目標で特に多いのが、正社員になるという事と、貯金をたくさんするという事です。

期間工は、会社と直接雇用を結んだ契約社員ですが、契約満了後に正社員登用の道もあります。期間工を雇う企業は業界の中でも大企業が多く、学歴不問、未経験からでもこうした大手企業の正社員になるチャンスがある期間工の仕事は、正社員を目指す方にとっては大きなモチベーションになります。大手自動車メーカーの例を見てみると、期間工から正社員登用される数は年々上昇しており、2014年度は90人、2015年度は387人、2016年度は500人もの期間工が契約満了後に正社員として採用されました。一時はリーマンショックの影響で期間工から正社員登用の道は難関でしたが、ここ数年は自動車メーカーが好景気で、正社員への難易度はぐっと下がりました。正社員を目指すなら、毎日の仕事が面接と査定のようなものです。そのため、正社員を目指す期間工は、非常にやる気が高いです。

また、期間工の仕事は非常に高収入のため、貯金をしたいという方にとってもやりがいのある仕事です。期間工の仕事は日給ですが、残業代や深夜手当など、働けば働くほど給料がアップします。また、期間工としての契約が長くなればそれだけ日給もアップする上、無遅刻無欠勤で報奨金も出ます。欠勤すれば手当てが減ってしまうので、少しでも稼ぎたいという方にとっては、無遅刻無欠勤のためのモチベーション維持に繋がります。

家庭がある期間工のモチベーション

3人家族期間工は独身ばかりの職場ではありません。家庭がある期間工もたくさんいます。期間工は基本的に寮生活のため、家族を地元において単身赴任になる場合がほとんどです。そうした家庭のある期間工のモチベーションは、やはり家族のことです。多少疲れても、家族の写真を見るとやる気が出てくるという方は多いです。特に、子供がいる方は、家族を養い、家庭を引っ張っていかなくてはならないという気持ちが強く、子供の存在がモチベーションアップにつながるようです。

家庭がある期間工は、普段家族と離れて寂しい生活を送っている分、勤務時間が終わったら家族と電話する事を楽しみにしたり、土日の休みに家族と会う予定を立ててみたり、楽しみもたくさんあります。有休を使って連休をとり、家族と旅行に行くのを頑張る糧にしているという方もいます。