期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

体内リズムを保つには?期間工の夜勤と睡眠

COLUMN

夜勤をしてこそ稼げるって本当?

期間工の仕事は、基本的に時給や日給で換算されます。単純に一日分の時給や日給だけでも期間工の給料は優遇されていますが、期間工が稼げると言われているのは、夜勤や残業などでつく手当が大きいからなのです。夜勤の場合、35%ほどの手当てがもらえるので、お金を貯めたいと思ったら、夜勤をするのが一番です。 期間工の仕事は、夜勤があるか無いかで大きく収入に差が出ます。配属される部署によっては、全く夜勤がないという部署もあります。そのため、稼ぎたい人にとっては、夜勤がある部署に配属されるかどうかは重要なポイントです。事前に面接などで、できるだけ稼ぎたいので夜勤のある部署に配属して欲しいと頼んだり、もしも夜勤の無い部署に配属された場合は、配置換えをお願いしたりするのもいいでしょう。 会社側も、積極的に夜勤に入ってくれる人材は貴重なので、夜勤に入りたいという期間工は優遇してくれる場合が多いです。夜勤は睡眠のリズムが崩れがちで、大変な面もありますが、期間工で稼ぎたいなら夜勤は避けて通れない道です。稼ぐためにあえて夜勤のシフトも増やしているという方も多く、多少生活リズムが乱れても平気で、体力と気力に自信がある方は夜勤がおすすめです。

夜勤に付き物の悩みとは?

眠そうな男性深夜手当がつく夜勤は、最も稼げる時間帯です。しかし、夜勤は慣れない人にとってはかなり辛いものです。夜勤が稼げるとわかっていても、睡眠時間が昼夜逆転して生活リズムがくるってしまうため、夜勤を避けたいと思う方も多いです。 どんなに夜勤に慣れたとしても、やはり人間は夜に眠る生活リズムの生き物です。なので、夜勤をずっと続けていると疲労がたまりいずれ限界がきます。そのため、ほとんどの会社では夜のシフトが続くという勤務は少なく、夜勤と日勤を週替わりで交互に行います。しかし、そのせいで余計に生活リズムが乱れやすくなっているという事もあります。 夜勤と日勤を両方体験してみるとわかりますが、夜勤の時の休憩所は周囲が非常に静かです。なぜなら、僅かな時間でも仮眠に当てて、夜勤の眠さや辛さを軽減しようと考える方が多いからです。 また、夜勤はどうしても眠くなってしまうため、居眠り防止のために、音楽をかけたり、工場内の照明を日勤よりも明るくしたりして工夫している工場もあります。 このように、夜勤をする上で、睡眠時間の確保と生活リズムの乱れは、避けて通れない悩みとなっています。しかし、自分の体調に合わせた生活リズムを掴んでしまえば、期間工が夜勤で稼ぐための大きな武器になります。期間工になった多くの人がぶつかるのが、夜勤の壁です。できる限り早く夜勤に慣れるようにしましょう。

昼間でも寝られる上手な睡眠方法

仮眠夜勤の生活になると、睡眠をとるのは必然的に日中になります。夜勤生活は、日勤以上に体力と精神力を消耗します。そのため、効率よく睡眠をとって健康管理をする事は何よりも大切です。体調管理がしっかりできていないと、せっかく稼げる夜勤も続けられなくなってしまいます。 人間の体には、メラトニンというホルモンがありますが、この物質は睡眠に大きなかかわりを持った物質です。メラトニンが分泌されると、人は眠気を感じます。このメラトニンが分泌されるポイントは、周囲の光です。昼間のように明るい光の中だと、メラトニンは上手く働かず生産もされません。メラトニンが最も活躍するのは、暗い場所です。そのため、夜勤生活で昼間に睡眠をとる場合、できるだけ周囲の光を遮り、暗い状態で眠るようにしましょう。遮光カーテンやアイマスクをするのもおすすめです。 人間の体は体温が下がりかけた頃に眠気が訪れます。そのため、寝る前に風呂に入って体が温まっている状態だと、心地よく眠れそうですが、かえって眠気がなかなか訪れない結果になります。しかも、人間の体は日中に体温が高く、夜になると下がる傾向があります。これは、夜勤も日勤も関係なく人間の体内リズムの問題です。そのため、夜勤生活を続けていると、体温の高い日中はなかなか眠れないという事も考えられます。体温の上昇を抑えるために、夜勤を終えて帰宅したら、体温が上がり始めるより前に、できるだけ早く眠ることも大切です。 眠りにつく前には、できるだけ胃の中を空っぽにしておくのも大切です。夜勤が終わるとどうしてもお腹が空いてしまい、何かを食べてから寝ようと考える方もいますが、寝る前に食事してしまうと、消化のために内臓が動いたままになるので、しっかりと休息が取れません。内臓まできちんと休ませてあげるには、睡眠をとる3時間前には食事を終えているようにしましょう。また、寝酒と称してアルコールを飲むのも控えた方が無難です。アルコールは体温を上げて眠りにくくするだけでなく。アルコールが体内で分解されるときに発生するアルデヒドが交感神経を刺激し、脳のリラックス状態を妨げます。