期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

どのような過ごし方してる?期間工の休日

COLUMN

期間工の休日はどれくらいあるの?

ハンモックで休む男性期間工の休日は、週休二日制の土日休みと、カレンダー通りの祝日が休みであることが多いです。最近導入されたハッピーマンデーによって月曜日が休日になると、三連休になる場合もあります。 それ以外に、GW、お盆休み、年末年始の休みなどで、年に十日前後の長期休暇が三回ほどあります。また、有給休暇も取得できるため、期間工の休日はかなり優遇されていると言えます。ただ、会社によっては会社独自のスケジュールを選定しオリジナルのカレンダーに従って勤務する場合もあります。最近は生産を調整したり、採算を取るために生産ラインをあえて止めたりするなど、イレギュラーな休みが発生する場合も多くあります。このように企業によって休日の設定が変ることもありますが、一般企業に比べても非常に優遇されていると言っていいでしょう。 しかし、期間工の仕事は基本的に日給なので、休日の分は給料が出ません。そのため、休みが多くて嬉しいと考えるか、その分稼げずに残念と考えるかは人それぞれです。

よくある休日の過ごし方とは?

期間工の休日の過ごし方は様々です。期間工の勤務体系は日勤と夜勤が週単位で変わります。そのため、休日は次の週の勤務に合わせて、体のコンディションを整えるといった期間工の方が大半です。翌週から夜勤になるのに週末遊びすぎてしまうと、次の週からの勤務にも差し支えるため、特に夜勤前の週末は寮でのんびり過ごすのが一番です。 もちろん休日に遊びに行く、買い物に行くという過ごし方をするという期間工の方が多いのも事実です。寮は共同生活のため、寮で仲良くなった仲間と食事や遊びに出かけるという過ごし方もあります。また、平日はどうしても仕事中心の生活になってしまうので、土日の休みは生活需品などを買いに行く時間にあてるという方もいます。 他にも期間工として遠方に来ている場合は、その周辺地域の観光をされるという方もいらっしゃいます。レンタカーなどを利用し、ドライブや買い物がてらに観光というのも良い過ごし方ですね。 また、GWや年末年始の長期休暇には、実家や自宅に帰るという過ごし方の期間工の方が多いです。ただし、期間工の長期休暇はカレンダー通りの休みだったり、お盆や年末年始など、他の人が休みのときだったりするため、帰省するのにお金がかかる時期でもあります。 そのため、期間工で勤務している間は、帰省をせずに長期休暇も寮で過ごすという方もいます。期間工として働く人は、お金を貯める事を目的にしている事が多いため、長期休暇も節約したいと考える方も多いです。帰省や旅行を考えているなら、長期休暇の時ではなく、有給を利用する方が交通費もかからず、飛行機や新幹線のチケットも取りやすいのでおすすめの過ごし方です。ハッピーマンデーの三連休と有給を組み合わせる事で長期休暇になりますし、有給を有効に使いましょう。 中には長期休暇中に副業されている方もいるようです。期間工周辺で求人が出ている場合や、土日や祝日に比較的忙しくなる飲食店、パソコンなどを使用してできる仕事などを行い、休日でもお金が稼げるよう過ごされています。

お金のために「休日出勤」という選択

財布が空期間工の給料は出勤日数によって決まります。多くの工場は土日休みが多いですが、中には会社カレンダーといって、会社が定めたスケジュールによって休日が決まっている会社もあります。求人募集には休日が書いてあることがほとんどですが、できるだけ稼ぎたい場合は、あえて休日の少ない職場を選ぶという選択肢もあります。 期間工の仕事に就くと、様々な部署に配属されます。部署によって仕事内容は異なるため、残業や休日出勤が多い部署もあります。そのため、同時期に期間工の仕事に就いても、所属部署で全く休日の日数が異なるというケースもあります。 稼ぎたいのであれば、面接の際に自分は稼ぎたいのでできるだけ忙しい部署に配属して欲しいというのも一つの手段です。会社としても多く休みを取りたがるより、積極的に残業や休日出勤に取り組んでいる人材の方がメリットも大きく採用率も上がります。 また、休日出勤は通常の勤務と違って休日出勤の割り増し手当てが付きます。期間工が稼げるという声が多くあるのも、この休日出勤の割り増し手当てが加算されるからです。割り増し手当ては、深夜勤務や残業にも加算されますが、実は休日出勤手当が最も割増の加算率が高いのです。そのため、休日出勤は稼ぎたい人にとってはかなり大きなメリットとなります。 また、期間工には満了慰労金や皆勤手当てというものがあります。これは、毎月無遅刻、無欠勤だった人に与えられる報奨金です。期間工の仕事は非常にハードなので、無遅刻無欠勤というのは、簡単なようで意外と難しいです。長く続ければ続けるほど、無遅刻無欠勤のままでいるのは難しいでしょう。しかし、休日出勤をする事で欠勤分の損失を十分カバーできるようになります。もしも欠勤をしてしまい満了報奨金を受け取れない月があっても、積極的に休日出勤を希望すればかえって休日出勤手当が付いて月収が多くなるという場合もあります。