期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工で入寮する際におすすめ!あると便利な持ち物

COLUMN

案内書に書かれているものは最低限のもののみ

荷物期間工の試験に合格すると、いよいよ寮に入寮することになります。この時、入寮時の持ち物は選考会の後に受け取った出社案内の中に記載されています。しかし、これらの持ち物は必要最低限の持ち物です。寮生活を快適に過ごすためには、他にもあると便利なおすすめの持ち物が色々あります。 初めて期間工として入寮する場合に多いのが、準備をしすぎて多すぎる荷物で来てしまうことです。期間工として入寮する際に必要な持ち物は、ボストンバッグ1つ程度に納めるのが一番です。期間工として長く働きたいと思っても、契約更新がされなくては滞在できません。そのため、最初は会社から支持された必要最低限の荷物と、ある程度自分が必要だと思う荷物だけにするのがおすすめです。寮の周辺にはお店が充実していますし、売店などもあるので、入寮後に必要に応じて買い足す方が便利です。 荷物を少なくしたほうがいい理由はもう一つあります。期間工の寮は、ワンルームマンション型の寮だけではなくルームシェアスタイルの寮もあるため、各々で防犯意識を持たなくてはなりません。ルームシェアの場合もそれぞれの個室には鍵が設置されているので心配はいりませんが、ちょっとした出入りの時も部屋の鍵をかける癖を付けましょう。管理しやすいよう、荷物はできる限り減らし、あまり多くの物を持って行かないようにするのが一番です。

制限のある寮でも快適に過ごせるアイテム

スマートフォンやタブレットが一般的になって、充電器を使うアイテムが増えてきました。寮の部屋にあるコンセントの数は少ないので、テーブルタップを持って行くと便利です。特に、入寮したてのころは相部屋になる可能性もゼロではないので、その場合は必需品になります。スマホやパソコンなどをまとめて充電できる上、100均などでも手軽に手に入るので、一つは持っておくと役立ちます。 寮のお風呂は大浴場になるので、温泉と同様にシャンプーなどが置いてあるイメージがありますが、実際は期間工の寮にはシャンプーなどは置いてない場合が多いです。シャンプーやボディーソープは自分の分を用意しましょう。また、ドライヤーを持って行くのもおすすめです。寮の大浴場には備え付けのドライヤーはありますが、他の人が使っているのを待つ時間は意外とストレスになります。備え付けのドライヤーが故障することも考えられますので、そういったときのためにも自分のドライヤーを持って行くといいでしょう、 また、期間工は体を動かす仕事なので、汗をかくなど、意外と洗濯物が貯まります。しかし、洋服はかさばるので、できる限り少ない枚数にすることをおすすめします。そのため、洗剤があるといいでしょう。無駄な荷物が増えることもないですし、洗剤があれば自分で洗濯できるので、常に清潔で快適に過ごすことができます。寮には共有の洗濯場がありますので、是非活用しましょう。 有ると意外に便利なのがサンダルです。寮に馴染んでくると、いちいちスニーカーを履くのが面倒になってきます。特に、自分の部屋から大浴場に行くときなど、ちょっとした距離の移動の時にサンダルがあると楽です。風呂上りですっきりした足でスニーカーを履くのは何となく抵抗がありますが、サンダルなら手軽にひっかけて帰って来られるので便利です。風呂上がりで足が濡れている場合が多いので、ゴム製のサンダルは特におすすめです。また、サンダルに限らず、持ち物は入寮した他の誰かと被ってしまうと取り違えなどが起こりやすいので、名前を書いたり、目立つ目印を付けるのがいいです。サンダルも、派手な色を選ぶなど、自分のものだと一目でわかるようにしておくのをおすすめします。

しっかり休むための便利道具も忘れずに

寮の室内寮生活が長くなるほど、快適に暮らしやすくするための工夫が必要になります。特に、しっかり休養を取るための便利道具は大切です。 快適に生活するために最もおすすめの持ち物は耳栓です。耳栓があるとないとでは、休む時に大きな差が出ます。期間工の寮はほとんどが個室ですが、入寮したばかりの時は、一時的に相部屋になる可能性もあります。同室の人のいびきがうるさいと、夜眠れなくなってしまいます。また、期間工の勤務体系は、日勤と夜勤の二交代制です。昼間に睡眠を取ろうとしても、昼間は騒音や生活音などが気になって眠れない場合もあります。そんな時に耳栓があると便利です。最近では寮の質も良くなって、壁が薄くて隣の人の音がうるさいということも少なくなってきましたが、まだまだ期間工の寮には古いものがあります。耳栓なら荷物にもならないので、一つは用意していくのがおすすめです。 耳栓と同様に、周囲の音をシャットダウンするためにイヤフォンやヘッドフォンがあると便利です。テレビやゲーム、音楽など、周りを気にせず大きな音で楽しみたい場合、必需品になります。周囲に迷惑をかけずに音を楽しめるので、寮でリラックスするために音楽やゲームは欠かせないという人は必ず持って行くべき持ち物です。 朝日や豆電球の光などちょっとした明るさが気になる人は、眠りやすいようにアイマスクもおすすめです。 そして、忘れてはいけない持ち物が、常備薬と湿布薬です。寮生活にいくら慣れたといっても、やはり自宅とは違う環境です。期間工は日給で働いているため、欠勤してしまえば収入減につながります。ちょっとした体の不調にすぐに対応できるように、普段使っている常備薬を持って行きましょう。また、入寮したばかりの頃は、普段使わない筋肉を使うため、筋肉痛になりやすいです。湿布薬があると、だいぶ疲れが楽になります。