期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

面接の日の服装は?期間工の求人で採用されるコツ

COLUMN

期間工の求人ならスーツじゃなくても良い?

スーツと履歴書期間工の求人面接は、比較的服装に厳しくないというイメージがありますが、やはりスーツで面接に臨むのが無難でしょう。面接は、自己アピールの場です。服装に決まりがない時こそ、きちんとした服装で面接に臨む方が相手に好印象を与えられます。期間工の面接でも同様で、必ずしもスーツの必要はありませんが、スーツで行くことで面接官の印象を良くすることはできます。期間工の面接にスーツで行く人は少数派ですが、その分面接官に、きちんとした服装でイメージを印象付けることができるでしょう。夏場の面接の場合、スーツの上着は着なくても特に問題ありません。ワイシャツにネクタイだけという服装でも、十分清潔感と誠実さをアピールできます。 もしもスーツを持っていない場合、面接には清潔感のある服装でいきましょう。面接のために服をわざわざ買う必要はないですが、上はシャツで、下はできればジーンズではなくスラックスを着用するなど、派手すぎないシンプルな服装がベストです。夏場でなければ、ジャケットがあると、きちんとした印象を与えられます。 服装だけでなく、髪型や髪色も、面接官の印象を考えるとおとなしめにするのが無難です。期間工の求人は髪型や髪色にはそこまで厳しくありませんが、やはりあまり派手すぎる髪型や髪色は、良い印象を与えません。もしも金髪や明るすぎる髪色なら、面接の時だけ黒染スプレーを使うという方法もあります。ただ、面接に合格しても、実際の勤務であまりにも派手な髪をしていると、上司や先輩に悪い印象を与えてしまう可能性があります。よって、できれば面接の段階から落ち着いた髪にしておくのがおすすめです。

面接で意外と見られている社会的な常識

期間工の求人は正社員とは違うので、面接も緩いだろうと考えている方もいるようですが、それは昔の話です。最近は、期間工の求人であっても社会的な常識や、きちんとルールを守れるかどうかを重視する傾向にあります。もしも採用した期間工が問題を起こした場合、新聞やテレビなどで報道されれば、会社のイメージが悪化します。また、最近ではインターネットのSNSが発達しているため、何か問題を起こせばすぐにインターネットで会社名が広まってしまいます。そういったイメージダウンを避けるためにも、期間工の求人面接は、社会的常識がきちんと備わっているかをかなり見られます。 面接では、緊張する必要はありませんが、言葉遣いや態度など、できる限り丁寧な受け答えをするのが大切です。また、印象を良くしようとして、無理に難しいことを言おうとすると、かえって逆効果になります。素直で明るい受け答えをするように心がけましょう。面接で聞かれる志望動機についても「車が好き」「体を動かすことが好き」といった、シンプルなもので大丈夫です。 また、面接ではこれまでの職歴について聞かれますが、履歴書の空白期間が長かったり、職歴がなかったりすると、その部分について質問されることがあります。あらかじめ、きちんとした理由を説明できるようにしておきましょう。介護や、受験のための浪人期間などの理由は比較的納得されやすい傾向にあります。 同様に、一つの会社の在籍期間が短く、会社を転々としている場合も質問される場合が多いです。期間工は契約によって働くため、契約期間を満了せず、途中でやめられるのが一番困ります。きちんと責任を持って働くと思われるように、誠実に答えるように注意しましょう。 期間工の求人では、一定以上の社会的常識があり、責任を持って契約期間を満了してくれる人材が求められています。面接の際に過度なアピールは必要ありませんが、誠実な印象を与えるようにすると、面接も上手くいきます。

面接でアピールしておくべきこと

面接中期間工の求人面接では、期間工の仕事に関するいくつかの質問をされます。自分をアピールする良い機会になるので、前向きに答えるのが大切です。特に、「仕事はきつくても問題ないですか?」「体力には自信がありますか?」といった質問には、はいと答えましょう。期間工は体力が問われる仕事ですので、体力に自信がないと、面接官に不安な印象を与えてしまいます。体を動かすのが好き、過去にスポーツをしていたので自信があるなど、体力面に関するアピールは積極的にしておくと好印象です。 また、期間工の求人面接では、借金の有無や入れ墨の有無について聞かれることがあります。借金に関しては、車のローン程度なら特に問題はありません。しかし、入れ墨やタトゥーが入っていた場合、期間工として働くことはできません。例え隠していたとしても、健康診断の際に見つかってしまうので、入れ墨やタトゥーのある方は要注意です。 過去に期間工で働いた経験がある方は、どのような仕事をしていたかアピールすると面接で有利です。同業他社で働いていた職歴を隠す必要はありませんので、自分が過去にどんな仕事に携わってきたのか正直に答えましょう。内容によっては給料がアップしたり、前職と似たような作業を任されたりと自分に有利に働きます。