期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工になりたい!職歴は必要?

COLUMN

期間工になりたい方へ、職歴より気を付けること

まず、期間工になるには、通常の就職時と同じように履歴書や職務履歴書を提出する必要があります。さらに面接も必須でしょう。比較的に落とされる人は少ないと聞きますが、やはり社会人としての常識がある方に限ります。正社員や契約社員と違い、期間工であれば簡単になれそうなイメージがあるかもしれませんが、その企業の一員として相応しいかどうかを見られるので事前準備をしっかり行うに越したことはありません。では、履歴書や職務履歴書に関してはどこまで見られるのでしょうか。今までの学歴や職歴までどこまで見ているのか、採用にあたって何が必要なのか気になるところだと思います。

過去の職歴より「やる気」があるか

基本的に、期間工の雇用時に過去の学歴や職歴はほとんど関係ありません。ごくたまに「経験者優遇」という条件で募集をしている場合もありますが、その場合に限り過去に同等の職務経験があるか、問われることはあります。しかし、期間工の募集はだいたい「未経験者可」となっていることが多く、その場合は過去の学歴、職歴などはほとんど関係がないと思っていいでしょう。どのような会社に勤めていたかではなく、やる気があって契約期間まで辞めずに頑張ってくれる社員を企業は希望しています。期間中は企業の看板を背負って働くわけですから、面接時にはその辺りのアピールをしっかりするといいでしょう。

期間工として必要なものは職歴ではなく「どう働いてきたか」

過去の職歴はあまり考慮しないにしても、過去に「きちんと働いていたか」を見てくる企業は多いと思います。極端な例ですが、過去に解雇になった履歴がある方は、何かその人自身に問題があるように捉えられがちですし、あまりにも職を転々としている方は長続きしない根気がない人だと思われがちです。また、前職を辞めてから再就職までのブランクが長すぎる人も、その間何をしていたのか問われるでしょう。資格などを取るための勉強期間に当てていた方などは問題ないと思いますが、何もしていなかった場合は不利になるかもしれません。やはり、どんな職種でもやる気のある方が望まれます。