期間従業員×アウトソーシング!=がっつり高収入

期間工として働きながらバイトはできる?

COLUMN

期間工が副業をしたい理由とは

比較的、高収入を望める期間工ですが、なぜ副業をしたいと思う人がいるのでしょうか?期間工で働いている人は「短期間でより多く稼ぎたいから」という理由で期間工の仕事を選んでいる人がほとんどです。夜勤手当や残業代を予め期待しても、実際には残業がほとんどなく思っていたより稼ぎが少ないと感じる方が副業を考えるようです。大抵は完全週休二日制の企業が多いので、その休みを利用してアルバイトを掛け持ちするなど時間的には可能ですが、それでも平日に日勤と夜勤を繰り返しながらの副業は、体力的にも精神的にもかなり厳しいと思われます。

企業側は副業を許可している?

副業を始める場合は、まず最初に企業が副業を認めているのか確認する必要があります。副業を認めているのかは企業によって異なるようです。正社員ではないため副業を許可している企業と、契約社員であろうと期間工であろうと禁止している企業もあります。もし禁止されている企業で副業が見つかってしまった場合は、解雇される可能性もあります。解雇されてしまうと無職になってしまうので、そこは何としても避けたいところです。他の人も内緒でやっているから大丈夫などと思わずに、社会人としてのルールは必ず守った上で副業を考えましょう。

期間工におすすめの副業とは

企業側も副業を認可していて期間工としての仕事にも慣れてきたら、副業について本格的に考えていいかもしれません。実際に期間工と並列して副業をしている人で多いパターンが、日雇いのバイトや派遣、または週末だけの居酒屋などの夜勤務です。平日の交代制勤務に合わせて副業できる場合はもう少し仕事の幅が広がりそうですが、都合よく見つかるとは限りません。休日を潰しての副業となると単発のものなどに絞られてしまいます。しかし、最近ではネットを使った副業も増えていますので、うまく使いこなせれば平日の合間にも副業が可能かもしれません。どちらにしても、本業である期間工の仕事に支障をきたさない程度に働くことをおすすめします。